Click on your region on the map and select your country:
open close
north_america south_america africa australia asia europe
コナジー、25.88MWpのソーラーパークを岩手県一関市に建設

コナジーが提供する開発から建設、保守サービスまでの一貫サービスで実現
ノンリコースプロジェクト融資を新生銀行が提供

世界をリードする太陽光発電(PV)ソリューションおよびサービスプロバイダーであるコナジーグループの日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大髙 秀幸、以下コナジー・ジャパン)は、タイのGlobal Power Synergy Public Company Limited (GPSC)およびGA ECOグループのオーナーであるGirana Anuman-Rajadhon氏と、岩手県一関市に地上設置型の25.88 MWpの太陽光発電プラントを建設することで合意したと発表しました。

今回契約した本プロジェクトでは、コナジー・ジャパンが同プラントの主幹事EPC(エンジニアリング、調達、および建設)サービスプロバイダーとしての役割を果たします。コナジー・ジャパンは、昨年11月に建設業許可を取得しており、日本でプラント建設のフルターンキーサービスを提供できるようになりました。この契約はコナジー・ジャパンにとって過去最大のプロジェクトです。同プラントは年間28,639MWhのクリーンな電力を発電し、13,947.2トンのCO2を削減します。プロジェクトの完成は2017年末に予定されており、コナジー・ジャパンは土木工事を担当する三井住友建設株式会社、据付、電気工事を担当するタイヘイテクノス株式会社と協力してプラントの完成を目指します。

一方、本件のファイナンスについては、新生銀行がプロジェクト企業であるIchinoseki Solar Power 1 GKにノンリコースプロジェクトファイナンスを提供します。GPSCは株式の99%を保有し、残りの株式はプロジェクト開発とプロジェクトファイナンスのパートナーを務めるGA ECOグループの創業者で最高経営責任者(CEO)でもあるGirana Anuman-Rajadhon氏が保有しており、同氏は株式保有率を増やすオプションを保有しています。

コナジー・ジャパンは、今回の契約前から同プロジェクトのデベロッパーとしての役割を果たしてきました。コナジー・ジャパンは、開発資本を提供し、建設許可および土地所有者である株式会社地球ファクトリーサービス社と共にコミュニティ協議を主導し、本件のプロジェクト企業を2015年にGPSCに販売をしました。

さらに、コナジーの技術チームは土木および電気におけるグループ内の経験と専門知識を駆使し、牧場予定地だった35ヘクタールの起伏の多い土地を、自然の地形を活かして土木工事の最適化を図ることに主眼を置いて本プラントの設計も担当しました。プラント完成後、コナジー・ジャパンは、保守サービスも提供します。

GPSCの社長であるトエムチャイ・ブンナグ博士は次のように語っています。「Ichinoseki Solar Power 1 GKの下で、日本の岩手県一関市に太陽光発電施設を開発するというプロジェクトは、PTT(タイ石油公社)グループの電力および公益事業部門としてのGPSCが、タイとAEC(ASEAN経済共同体)以外で投資した初めてのプロジェクトです。このプロジェクトは順調に進んでおり、想定よりも早く土木工事の32%が完了しました。その結果、この太陽光発電施設は2017年の第4四半期までに売電を開始できる予定です。」

GA ECOグループの創業者兼最高経営責任者(CEO)で、Ichinoseki Solar Power1 合同会社のGPSCとの共同オーナーでもあるMs Girana Anuman-Rajadhon さんが次のように語っています。「2014年12月からこのプロジェクトに携わっており、また2016年4月に締結された新生銀行とのプロジェクトファイナンスに貢献でき、このプロジェクトの成功はとても喜ばしいことです。」

コナジー・ジャパンの社長である大髙秀幸は次のように語っています。「GPSCとの間でこのPV発電プロジェクトの合意に達したことをうれしく思います。日本有数の銀行からプロジェクト融資を得るという信任を含め、コナジーグループの太陽光発電のスペシャリストとしての国際的かつ豊富な経験と実績が、日本の市場でも受け入れられたものと考えています。立ち上げ当初からプロジェクトデベロッパーとしてこのプロジェクトに参加し、EPCサービスプロバイダーとして本プロジェクトに関われることを誇りに思います。当社は、日本でのプロジェクト開発とエンジニアリング業務を引き続き積極的に推進し、ワールドクラスのプロジェクトを投資家に提供し、太陽光発電の普及に貢献していきます。」