Click on your region on the map and select your country:
open close
north_america south_america africa australia asia europe
コナジー、25.88MWpのソーラーパークを岩手県一関市に建設

コナジーが提供する開発から建設、保守サービスまでの一貫サービスで実現
ノンリコースプロジェクト融資を新生銀行が提供

世界をリードする太陽光発電(PV)ソリューションおよびサービスプロバイダーであるコナジーグループの日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大髙 秀幸、以下コナジー・ジャパン)は、タイのGlobal Power Synergy Public Company Limited (GPSC)およびGA ECOグループのオーナーであるGirana Anuman-Rajadhon氏と、岩手県一関市に地上設置型の25.88 MWpの太陽光発電プラントを建設することで合意したと発表しました。

今回契約した本プロジェクトでは、コナジー・ジャパンが同プラントの主幹事EPC(エンジニアリング、調達、および建設)サービスプロバイダーとしての役割を果たします。コナジー・ジャパンは、昨年11月に建設業許可を取得しており、日本でプラント建設のフルターンキーサービスを提供できるようになりました。この契約はコナジー・ジャパンにとって過去最大のプロジェクトです。同プラントは年間28,639MWhのクリーンな電力を発電し、13,947.2トンのCO2を削減します。プロジェクトの完成は2017年末に予定されており、コナジー・ジャパンは土木工事を担当する三井住友建設株式会社、据付、電気工事を担当するタイヘイテクノス株式会社と協力してプラントの完成を目指します。

一方、本件のファイナンスについては、新生銀行がプロジェクト企業であるIchinoseki Solar Power 1 GKにノンリコースプロジェクトファイナンスを提供します。GPSCは株式の99%を保有し、残りの株式はプロジェクト開発とプロジェクトファイナンスのパートナーを務めるGA ECOグループの創業者で最高経営責任者(CEO)でもあるGirana Anuman-Rajadhon氏が保有しており、同氏は株式保有率を増やすオプションを保有しています。

コナジー・ジャパンは、今回の契約前から同プロジェクトのデベロッパーとしての役割を果たしてきました。コナジー・ジャパンは、開発資本を提供し、建設許可および土地所有者である株式会社地球ファクトリーサービス社と共にコミュニティ協議を主導し、本件のプロジェクト企業を2015年にGPSCに販売をしました。

さらに、コナジーの技術チームは土木および電気におけるグループ内の経験と専門知識を駆使し、牧場予定地だった35ヘクタールの起伏の多い土地を、自然の地形を活かして土木工事の最適化を図ることに主眼を置いて本プラントの設計も担当しました。プラント完成後、コナジー・ジャパンは、保守サービスも提供します。

GPSCの社長であるトエムチャイ・ブンナグ博士は次のように語っています。「Ichinoseki Solar Power 1 … Read more

Good planning is half the battle – tips & tricks for the roof-top solar plant

優れた計画が成功をより確実にします – 屋上型太陽光発電装置のヒントと秘訣

屋上型太陽光発電設備の設置は難しいプロジェクトになりがちです。けれども、その現状をそのまま受け入れる必要はありません。この記事では、屋上型太陽光発電設備の設置において重要となるステップと併せ、効率的に計画を立てるためのヒントと秘訣を説明します。

あらゆる太陽光発電設備の設置に共通していることですが、EPCまたは設置パートナーがプロジェクトを成功に導く基盤を築くためには、最初のコンサルティングが極めて重要です。理想としては、最初の打ち合わせを設置予定の現場で行います。それは、太陽光発電設備を設置するのにその建造物が適切であるかどうかを全般的にチェックすることが、基本的な前提条件となるからです。この現場訪問を十分に準備しておくことは、最優先事項です。それによって時間が節約され、計画の誤りや誤算を防ぐことになります。

ヒント: チェックリスト、カメラ、コンパス、巻尺を忘れずに持参してください。

ヒント: 特殊な条件はないか、送電網の接続点はどこか、送電網のタイプは何かを確認します。

優れた計画が、その後の設置工程を容易にします。

次のステップには、適切な計算に基づいて太陽光発電設備を計画する作業が必要です。これは、単純な作業ではありません。太陽光発電装置が20年以上にわたって高い生産性を維持できるようにするには、あらゆるパラメーターが一致して協調する必要があります。この場合も同じく、慎重に細部にわたって計画を立てることが、その後の設置工程と運用を単純化して容易にすることになります。

最大の発電量を確実にするには、太陽光発電設備が、現場および特定の状況に適応していなければなりません。日陰の量が大きければ、それだけ発電量が下がります。太陽電池モジュールが陰に入らないように、周辺のエリアに太陽光を遮る障害物(木、衛星アンテナ、天窓、その他の屋上構造物)がないことを確認してください。

ヒント: 太陽光を遮る障害物がある場合には、それに応じて太陽電池モジュールの位置を変えてください。

太陽光発電装置の規模は、予測においてはなおさら重要な数字です。その規模は、使用可能なスペース、期待される発電量、そして、もし実行に値する場合に可能な投資額のベースとなります。

太陽電池モジュールの配列および傾斜角度も、太陽光発電装置の発電量を左右します。ただし、日陰による悪影響と比べれば、それほど大きな影響はありません。

太陽光発電設備を屋根に設置するには、基本的な2つの方式があります。1つは、既存の屋根に金属フレームを使って取り付ける方式(「屋上設置型」)です。もう1つは、例えば従来の屋根ふき材や表面材を置き換えて、太陽光発電システムを設置面に組み込むという方式です(「屋根組み込み式」)。いずれの方式にも、そして多種多様な屋根および屋根ふきにも、それぞれ適切に設計された最適な架台システムを広範なオプションから選択できます。概して、一般条件および設置面の耐候性は、最初の現場訪問で詳細に調査されているはずです。

ヒント: 屋根に修繕作業が必要かどうかを確認してください。

ヒント: 壊れやすい屋根ふきの場合、計画を遂行するときに、設備を分解することなく屋根の壊れた箇所を修繕できるように準備してください。

次のステップは、架台システムの選択とサイジングです。それには、目的とする建物および屋根の静力学を考慮に入れます。屋根荷重の構造分析は、主に太陽光発電設備自体の重量といった静荷重を考慮しています。

ヒント: 屋根の端および角付近に高い風荷重がある場合: そのようなエリアは避けるか、固定点の数を増やしてください。

 多くの選択肢 – … Read more

Hallo Welt!

Willkommen zur deutschen Version von WordPress. Dies ist der erste Beitrag. Du kannst ihn bearbeiten oder löschen. Um Spam zu vermeiden, geh doch gleich mal in den … Read more