Click on your region on the map and select your country:
open close
north_america south_america africa australia asia europe
コナジー・アジアパシフィック、 Tennenbaum Capitalとゴールドマン・サックスBDC による買収を発表

2017年8月2日

Conergy Asia & ME Pte. Ltd. および関連子会社 (以下コナジー) は、同社を保有するKawa Solar Holdingsが米Tennenbaum Capital Partners (テンネンバウム・キャピタル・パートナーズ、TCP) と米Goldman Sachs BDC (ゴールドマン・サックスBDC、GSBD) にコナジーを売却することで合意、正式に契約を締結したと発表しました。この買収手続きは2017年8月1日に完了しました。

シンガポールに本社を置くコナジーは、産業用ならびに大・小規模の太陽光発電プロジェクトの開発、設計、建設、融資に関するコンサルティング、および長期的な資産管理サービスを提供しています。コナジーは現在、約0.5ギガワットの太陽光発電所を対象に、EPC (設計・調達・建設) コントラクターおよびO&M (運用管理および保守点検) サービス・プロバイダーとして事業を展開しています。創業以来、コナジーは世界で約2ギガワットのソーラーを設置し、日本、オーストラリア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ドイツにおいても事業を展開しています。

コナジーの最高経営責任者のAlexander Lenzは、次のように述べています。「今回の契約は、当社のビジネス、従業員、お客様にとって多大な価値をもたらすものです。コナジーはこの数年間、アジア太平洋地域の市場をリードし、有望な成長見通しと高い競争力を備えた組織を作り上げてきました。新たな投資家が加わり、テンネンバウム・キャピタル・パートナーズとゴールドマン・サックスBDCの広範な経験と優れた資本調達能力が得られることで、コナジー・アジアは地域におけるビジネスチャンスをより有効に活用できるとともに、オーストラリア、東南アジアの新興市場、ならびに日本においても継続的に成長を遂げることができます。」… Read more

コナジー、3.75MWpのソーラープラントを売却

太陽光発電(PV)ソリューションおよびサービスプロバイダー、コナジーグループの日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大髙 秀幸、以下コナジー・ジャパン)は、青森県三戸郡の地上設置型の3.75 MWpの太陽光発電プラントが完成し、売却したと発表しました。

ソーラーパワーのサービスのパイオニアとして知られるコナジー・ジャパンは、同太陽光発電プラントのプロジェクト開発からフルターンキーEPC(エンジニアリング、調達、および建設)、ならびに保守サービスまでを一貫して提供します。太陽光発電プラントの建設はセンター電気株式会社と協力して行われました。

同太陽光発電プラントは9,755ヘクタールに建設され、2016年12月より稼働を開始しました。年間発電電力量は4,166MWhで、約600世帯の家庭に電気を供給する一方、年間2030トンのCO2削減が期待されています。同太陽光発電プラントから供給されるエネルギーは、20年間の電力購入契約に基づいて東北電力に販売されています。同太陽光発電プラントの購入企業はノンリコース・プロジェクト・ファイナンスを取得する見込みです。

コナジー・ジャパンの代表取締役社長の大髙秀幸は次のように語っています。「コナジーの社内の機能をすべて注ぎ込んだ青森県三戸郡の太陽光発電プラントを売却できたことを非常に嬉しく思います。この三戸プロジェクトの売却は昨年5月の岩手県一関の26MWプロジェクトに続くものです。このような実績を生かして、より一層ソーラープロジェクトの開発を推進し、将来の成長に向けて邁進したいと考えています。」

コナジーのアジアパシフィック担当プレジデントのアレクサンダー・レンズは次のように語っています。「気候変動への対応と絶えず増大するエネルギー需要への対応は、依然として日本における課題です。コナジーは、貴重な発電所資産を創出し、先進的なソーラー技術を活用するとともに、財務資源と技術的な専門知識を活用して、国の重要なクリーンエネルギーインフラストラクチャを開発することをコミットしています。」

コナジーのアジアパシフィック担当バイスプレジデントのパトリック・イェーガーは次のように語っています。「今回の三戸ソーラープラントの売却は、アジアにおいてもコナジーのプラントの品質の高さを証明するものです。コナジーの日本とシンガポールのチームは、当社のターンキー開発戦略を活用して大きな価値を生み出しました。チーム全体がこの成果を非常に誇りに思っています。私たちは、今回の成功と経験を生かして、日本の太陽光発電市場におけるターンキー開発に継続的に投資する考えです。日本の太陽光発電市場が2017年3月末に次のフェーズに移行する準備を進めている中、私たちは国内外のパートナーに感謝するとともに、引き続き協業できることを楽しみにしています」

【青森県三戸郡の太陽光発電プロジェクトの概要】
所在地: 青森県三戸郡
設置容量: 3.75 MWp
年間発電量: 年間4,166 MWh、2030 トンのCO2を削減
プラント面積: 97,550平方メートル
PVモジュール: コナジーPH 265P (14,166枚)
プロジェクトの完成: 2016年末

(以上)… Read more

コナジー、25.88MWpのソーラーパークを岩手県一関市に建設

コナジーが提供する開発から建設、保守サービスまでの一貫サービスで実現
ノンリコースプロジェクト融資を新生銀行が提供

世界をリードする太陽光発電(PV)ソリューションおよびサービスプロバイダーであるコナジーグループの日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大髙 秀幸、以下コナジー・ジャパン)は、タイのGlobal Power Synergy Public Company Limited (GPSC)およびGA ECOグループのオーナーであるGirana Anuman-Rajadhon氏と、岩手県一関市に地上設置型の25.88 MWpの太陽光発電プラントを建設することで合意したと発表しました。

今回契約した本プロジェクトでは、コナジー・ジャパンが同プラントの主幹事EPC(エンジニアリング、調達、および建設)サービスプロバイダーとしての役割を果たします。コナジー・ジャパンは、昨年11月に建設業許可を取得しており、日本でプラント建設のフルターンキーサービスを提供できるようになりました。この契約はコナジー・ジャパンにとって過去最大のプロジェクトです。同プラントは年間28,639MWhのクリーンな電力を発電し、13,947.2トンのCO2を削減します。プロジェクトの完成は2017年末に予定されており、コナジー・ジャパンは土木工事を担当する三井住友建設株式会社、据付、電気工事を担当するタイヘイテクノス株式会社と協力してプラントの完成を目指します。

一方、本件のファイナンスについては、新生銀行がプロジェクト企業であるIchinoseki Solar Power 1 GKにノンリコースプロジェクトファイナンスを提供します。GPSCは株式の99%を保有し、残りの株式はプロジェクト開発とプロジェクトファイナンスのパートナーを務めるGA ECOグループの創業者で最高経営責任者(CEO)でもあるGirana Anuman-Rajadhon氏が保有しており、同氏は株式保有率を増やすオプションを保有しています。

コナジー・ジャパンは、今回の契約前から同プロジェクトのデベロッパーとしての役割を果たしてきました。コナジー・ジャパンは、開発資本を提供し、建設許可および土地所有者である株式会社地球ファクトリーサービス社と共にコミュニティ協議を主導し、本件のプロジェクト企業を2015年にGPSCに販売をしました。

さらに、コナジーの技術チームは土木および電気におけるグループ内の経験と専門知識を駆使し、牧場予定地だった35ヘクタールの起伏の多い土地を、自然の地形を活かして土木工事の最適化を図ることに主眼を置いて本プラントの設計も担当しました。プラント完成後、コナジー・ジャパンは、保守サービスも提供します。

GPSCの社長であるトエムチャイ・ブンナグ博士は次のように語っています。「Ichinoseki Solar Power 1 … Read more

ゴールドマンサックスBDC, Inc.の出資により、Tennenbaumキャピタルが主導 するコナジーの銀行保証与信枠を7500万ドルに引き上げ

フロリダ州マイアミ/ニューヨーク州ニューヨーク – 2015年9月15日 – 世界最大手かつ経験豊富なダウンストリームソーラー会社の一つであるコナジーは、本日、Tennenbaumキャピタルが主導する銀行保証与信枠を、ゴールドマンサックスBDC, Inc.の出資により7500万ドルへ拡大したと発表した。この拡大はコナジーが急速に成長するグローバルメガソーラー事業において4つのステージである:入札、建設前、建設、そして発電における資金調達の際の担保として用いられる。

「ゴールドマンサックスBDC, Inc.ならびにTennenbaumキャピタルパートナーズやドイツ銀行からの支援によって、コナジーはソーラー電力プロジェクトにおけるグローバルでの経営計画を実行し、最も銀行に信頼されたグローバルソーラー界のダウンストリーム会社としてのポジションを確固たるものにすることが出来る」とコナジーのCEO、Andrew de Passは述べた。

ゴールドマンサックスBDC, Inc.は、2014年7月Tennenbaumキャピタルパートナーズ(TCP)からの初期資本6000万ドルをもとに、ドイツ銀行によって手配されたコナジーの現行の銀行保証与信枠に追加の資金を提供。コナジーはこの一年、取り組んだプロジェクトのうちの2つである:イギリスでの37 メガワットプロジェクトにおけるアウトプット保証とフィリピンでの50メガワットプロジェクトにおけるパフォーマンス保証によって、初期与信枠の半分以上を利用した。

「私たちはソーラープロジェクトの開発と建設のリーダーであるコナジーとの提携を喜ばしく思う」と、ゴールドマンサックスBDC, Inc.のCEO、Brendan McGovern氏は述べた。「この融資と私達の共同の貸し手からの資本を合わせることにより、コナジーの継続的な成長と拡大が促進されるであろう。」

「ゴールドマンサックスBDC, Inc.がコナジーのグローバルソーラー事業の支援において私たちと提携する事は喜ばしい」とTennenbaumキャピタルパートナーの業務執行取締役、Timothy Gravelyは述べた。「私たちの銀行保証与信枠が引き上げられたのは世界の様々な国でのコナジーのサービスに対する需要が増加していることの証です。」

コナジーのグローバルソーラー事業は5大陸にまたがるものである。同社はこれまで1ギガワット以上のソーラーを設置。これは約300,000の家庭に電力を供給するのに十分な規模である。… Read more

Symbiorとコナジーがプラーチーンブリーでの新たな 太陽光発電プロジェクトを発表

2015年8月13日、バンコク – タイにおいて世界有数の太陽エネルギーサービスプロバイダーであるコナジーと、Symbior Solarグループの一員であり、アジア有数のPV製造企業であるATC Enviro Co., Ltd.は、本日付けで、総発電量19MWpに及ぶ3つの太陽光発電プラントを新たにタイに建設する計画を発表しました。

コナジーは、全体計画、エンジニアリング、設計、発電プラントへのコンポーネントの供給を担当します。地上の建設は、長年に及ぶ地元のパートナーであるEnsys Groupと協力して行います。Symbior Solarは、現在タイに発電量30MWの6つのPVプロジェクトを有しており、2015/2016年には、アジア全体でさらに100 MWの太陽光発電プロジェクトを展開します。

「Symbiorは、東南アジアで太陽光PVの展開を非常に積極的に続けていく予定ですが、タイは最も急速に拡大している太陽エネルギー市場の1つです」こう語るのは、Symbior SolarのCEOであるフロリアン・ベンホールド氏です。「コナジーは、効率的で低コストな太陽光発電プロジェクトを構築するうえで非常に重要な専門技術と豊富な経験を持っており、Symbiorの大事なパートナーです。」

プラーチーンブリー県の地上設置型/フリーフィールド設置プロジェクトが完成した後、設置容量がそれぞれ8 MWpの2つのソーラーパーク建設を予定し(シーマハポート地区)、さらにシーマホソド地区に設置容量3 MWpの新たな太陽光発電プラントを計画しています。

シーマハポート地区の2つのサイトは、それぞれ年間11,675メガワットアワーを超える電力を発電し、シーマホソド地区のサイトは、年間4,374メガワットアワーを超える電力を発電します。これらのプラントを合わせると、毎年約28,000メガワットアワーのクリーンな電力をプラーチーンブリー県の家庭に供給します。

プラーチーンブリーは、タイ東部の風光明媚な県であり、名産の竹を使った竹製の家具は各地に輸出され、その高い品質が評価されています。

新しい太陽光発電施設は、約17,000トンの二酸化炭素(CO2)排出を削減します。8 MWpのプラントは、213,992平方メートルの土地に設置され、3 MWpのプラントは46,000平方メートルの土地に建設されます。これらのプラントには、61,260枚のコナジー製PE310Pモジュール、コナジーSigma II架台、19基のセントラルインバーターが配置されます。

Conergy Asia & Middle Eastの社長であるアレキサンダー・レンツ氏は次のように語ります。「タイは、意欲的な再生可能エネルギー目標を設定し、化石燃料への依存度を引き下げようと取り組んでいます。太陽エネルギーは、このプログラムを達成するのに不可欠です。これらのSymbiorとの合同プロジェクトは、太陽光発電が広く認知されつつあることを如実に表しています。先見性のある企業は、2036年までに国内の電力供給の20%を再生可能エネルギーからの調達にするという目標を達成するため、積極的な活動を行っています。」… Read more

コナジー、ドイツ大手電力会社RWEから株式投資を受ける

マイアミ/ハンブルグ、2015年3月17日 – 世界有数のソーラー・カンパニーであるコナジーは、欧州の電力会社大手のRWEサプライ&トレーディングによる株式投資を発表しまた。 今回の投資は、カワ・キャピタル・マネジメント主導の大規模な株式資金調達の一環であり、これにより、RWEはコナジーの少数株主持分を所有することになります。 2013年にコナジーに投資をしたカワ・キャピタル・マネジメントは、同社の主要株主持分を引き続き保持しています。 今回の増資は、コナジーの積極的な世界的成長の為の新規投資に用いられます。

コナジー・ジャパン株式会社の親会社であるコナジーは、2014年5億ドル近い収益を上げ、プロジェクト開発、ファイナンス、設計、調達、施工 (EPC)オペレーションとメンテナンス(O&M)を世界的に提供するサービスを拡張することを最近発表しました。 コナジーは、大型発電所、商業施設などにこれらのサービスを提供します。

RWEサプライ&トレーディング取締役のAndree Stracke氏は、 「ヨーロッパでのコナジーとの協働が成功したので、同社の世界的発展を喜んで支援していきたい。」と、述べています。

今回の投資は、まず、ドイツでのRWEグループの企業顧客を対象としたRWEとコナジー間での商用太陽光発電「ソーラー・レンタル」契約およびオックスフォードシャー州ケンコット・ヒルにある英国最大のソーラー企業の1つのファイナンス、建設および販売等に使用されます。

コナジーのCEO、Andrew de Pass氏は、 「戦略的で急成長を遂げているソーラーカンパニーのRWEの増資を喜んで受け入れます。 この増資により、4GWに達した当社の世界的なパイプラインに加えて、更にソーラー産業における新規および既存の提携先とともに、より多くのプロジェクトを展開していきます。 この重要な増資と共に、コナジーの改革は完了し、当社の成長が確かであることが証明された。」と、述べています。

コナジーのCOO、Alexander Gorski氏は、 「過去2年間、当社はRWEと非常に重要な業務提携を結び、今回の株式投資により、それをさらに深めていきたい。」と、述べています。 … Read more

コナジー、経営再建後の経営陣を任命

2005年3月2日、フロリダ州マイアミ – 1年にわたる経営再建後、コナジーは、同社を率いる重要役員を発表します。 経営陣としては、Andrew de Passが最高経営責任者、Alexander Gorskiが、最高執行責任者、Marc Lohoffが最高営業責任者、Christina Welschが最高財務責任者に就任します。 ドイツでコナジーAGが再建してから1年半後、この経営陣が同社を率いて、約5億ドルの収益および営業利得を達成しました。

2013年後半の統合以来、コナジーは、最も収益性が高く、成長の速いダウンストリーム太陽光企業へと変貌を遂げました。 2014年には、同社は、300MW超規模の電力プロジェクトを開発、およびそのプラントの設置を行いました。これにより、合計設置発電容量が1GW近くとなり、世界最大の太陽光発電企業の1社となりました。 今年、同社は、欧州の電力会社RWEとの連携を深め、ドイツでの屋上太陽光発電システムの提供を開始しております。

コナジーの成功は、主に世界的な競争力の優位性によるもので、これにより、同社は世界で最も成急成長を遂げている市場に資源を分配することができます。 数十年に渡って最高品質のダウンストリームサービスを提供し続けてきたコナジーは、株主の強い支援の下、健全なバランスシートを維持しています。 2015年、4GW超のパイプライン計画を開始し、設計調達建設(EPC)および維持管理、運用および整備(O&M)において積極的に事業拡大を目指します。 コナジーは、大型発電所での太陽光分野でのリーダーシップを維持し、更には急成長を遂げる屋上設備分野の既存および新規市場において世界的に事業拡大を目指します。

コナジーの前執行役会長Andrew de Passが、最高経営責任者に就任します。 2013年、カワ・キャピタル・マネジメントにおいて、Andrew de Passはコナジーの買収を率先し、同社の財務再建および強化を直接担当しました。 昨年、Andrew de Passと経営陣は、コナジーのビジネスモデルを大幅に変更し、機器の製造からダウンストリームでの運用、特にプロジェクト開発およびPV資産所有へと方向転換しました。 さらに、Andrew … Read more

太陽光発電パイオニア企業のConergy(コナジー)、 鹿児島県における太陽光発電プロジェクトを受注

太陽光発電ソリューションサービスのリーダー企業であるConergy(以下コナジー)は、このほど日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大高 秀幸、以下コナジー・ジャパン)が鹿児島湧水町(ゆうすいちょう)における太陽光発電プロジェクトを受注したことを発表しました。

コナジー・ジャパンが今回受注した太陽光発電プロジェクトは、鹿児島県湧水町における陸置き型のソーラーパークです。コナジー・ジャパンにとって国内2例目となる、このソーラーパークの年間発電電力量は963MWh以上、二酸化炭素の年間削減量は470トン相当を見込んでいます。使用する太陽光発電モジュールは3,216枚で、2014年9月の竣工を予定しています。

コナジー・ジャパンの代表取締役社長、大高 秀幸は次のように述べています。「今回、鹿児島県湧水町における太陽光発電プロジェクトを受注したことをうれしく思います。国内2例目となる太陽光発電プロジェクトの受注は、私たちがこれまで世界各国で培った経験と実績が日本市場においても受け入れられた結果と考えています。私たちは今後も、日本における事業を積極的に展開し、太陽光発電の普及に貢献していきたいと考えています。」

1998年設立のコナジーは、太陽光発電プラントの計画・設計・施工・運用において15年以上の実績を有しており、その太陽光発電設備の建設実績は累計で650MWに及びます。現在、日本を含む世界11カ国にオフィスを構えており、世界各国で太陽光発電プロジェクトを手がけています。

コナジー・ジャパンの鹿児島県湧水町における太陽光発電プロジェクトの概要
太陽光発電設備所在地: 鹿児島県湧水町
太陽光発電システム設置容量: 820kWp
年間予定発電電力量(合計): 96万3,000kWh/年(二酸化炭素年間削減量: 年間470トン)
敷地面積: 9,586平方メートル
太陽光発電モジュール: Conergy PE 255P(3,216枚)
架台: Conergy Solar Linea II
発電施設所有者: K-Energy(http://www.k-grp.com/)… Read more

太陽光発電パイオニア企業のConergy(コナジー)、日本法人を設立国内での本格的な事業活動を展開

海外の太陽光発電先進国で多数の実績を持つ大高 秀幸が社長に就任国内初の太陽光発電プロジェクトを受注

太陽光発電ソリューションサービスのリーダー企業であるConergy(以下コナジー)は、このほど日本法人であるコナジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大高 秀幸、以下コナジー・ジャパン)を設立、国内における本格的な事業活動を展開すると発表しました。また、北海道における太陽光発電プロジェクトを国内で初めて受注したことを併せて発表しました。

1998年設立のコナジーは、太陽光発電プラントの計画・施工・運用においては15年以上の経験を有しており、その太陽光発電設備の建設実績は累計で600MWにおよびます。現在、日本を含む世界11カ国にオフィスを構えており、世界各国で太陽光発電プラントの計画や設計・施工・運用を手がけています。

コナジー・ジャパンの代表取締役社長には、双日株式会社で要職を歴任した大高 秀幸(おおたか ひでゆき)が就任しました。大高 秀幸は、双日株式会社で海外における太陽光発電事業開発で高い評価を得ており、今後、日本におけるコナジーの事業基盤を固めるとともに、事業展開の拡大を推進します。

コナジー・ジャパンの代表取締役社長、大高 秀幸は、国内での事業展開について次のように述べています。「これまでコナジーが世界各国で培った実績と信頼を活かし、日本市場においても事業を展開していきます。当初は、大規模太陽光発電所や産業用屋根向けのEPC(設計・調達・建設)事業に注力する計画です。長期的には、住宅用の屋根市場にも進出したいと考えています。」

また、コナジー・ジャパンはこのたび、国内初の太陽光発電プロジェクトを受注したことを発表しました。本プロジェクトは北海道日高郡における陸置き型のソーラーパークで、年間の発電電力量は905MWh以上を見込んでいます。年間の二酸化炭素削減量は440トン相当です。太陽光発電モジュールを3,320枚使用する同施設は、2014年4月の竣工を予定しています。

 

コナジー・ジャパンの概要

 

社名: コナジー・ジャパン株式会社
設立: 2013年10月
代表者: 代表取締役社長 大高 秀幸
 所在地: 東京都千代田区
ウェブサイト: http://www.conergy.jp
Read more